みかん

甘味と酸味のバランスの良い高品質のこだわりみかん

mikan 「こたつの上にみかん」は日本の冬ならではの風景。
1日の日照時間の長い渥美半島は、みかんの栽培にも適し、ほどよい酸味を残しつつ甘味も十分にのった質の良いみかんを生産しています。
ハウスでの栽培は、雨を遮断し、成熟期を乾燥状態に保つことができるため、高品質のみかんの生産が可能になりました。

みかんのおいしい食べ方

簡単に皮がむけて、手を汚さず食べられる気軽さも、みかんの魅力。
白い筋にはヘスペリジンというビタミンの一種が含まれているので、そのまま食べた方が良いでしょう。

  • 白い筋にも栄養があります
  • 冷凍したり焼いたりしても
  • 手が黄色くなっても大丈夫

mikan2 mikan1

栽培農家からのメッセージ

みかん栽培 田原市 鈴木博己(すずき ひろみ)さん

mikan4 生産者同士で週に一度は集まって、果肉の色や湿度管理の状況を確認しあって栽培しています。
一番気をつけるのは、農薬の使用量。
直接みなさんの口に入るものですから、安全面には慎重に気を配っています。

食べた後も活用!

mikan3

みかんの皮の利用法
食べた後のみかんの皮も捨てずにおくと、いろいろな活用方法があります。
気軽なのは、お風呂の入浴剤としての利用。
みかんの皮には身体を温める作用があるといわれています。

Õy[W֖߂

export-page.php