その他

まだまだあります。おいしい農産物たち

大葉

etc1 東三河地区は、大葉の生産量が全国1位。さわやかな香りが魅力で、薬味や天ぷらにするほか、刻んでサラダに入れたり、肉で巻いたりと、いろいろな使い方があります。

ミニトマト

etc6 一口大のミニトマトは、毎日気軽に食べられる食卓の人気者。ミニトマトは小さなボディの中に栄養がぎっしり。カロチンは大玉トマトの2倍、ビタミンC葉1.5倍も含まれています。

ナス

etc2 豊橋・田原産のなすは、皮も果肉も柔らかく、どんな料理にも相性のよい「千両なす」。皮につやと張りがあり、紫色が濃く、ヘタの部分が鋭く、トゲのあるものが新鮮です。

トマト

etc3 昔から「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われ、高い栄養価をもつトマト。豊橋と田原は、温暖な気候を活かしたハウス栽培を中心に、有数の産地を誇っています。

キャベツ

etc4 渥美半島はキャベツの一大産地で、一面にキャベツ畑が広がります。シャキッとした歯ごたえと、ほんのり甘いおいしさで、いろいろな料理に利用できます。

いちご

etc5 真っ赤ないちごは、世代を問わず好まれる果物。わずか5.6粒で1日に必要なビタミンCが摂れてしまいます。章姫(あきひめ)など、酸味と甘味のバランスの良いいちごを栽培しています。

Õy[W֖߂

export-page.php